Profile

kiyoshimachine

Author:kiyoshimachine

Archives
Comments
Categoly
Link

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥福は祈らない

Fri.03.10.2008 0 comments
14760021.jpg


先日、祖父が他界した。
9月22日午後3時50分。
前回の日記を書いた日の午後。
仕事中に携帯が鳴り、それが母からだと分かった瞬間すべてを理解した。

その夜、家に帰ると祖父の体は冷たかった。
21日に手を握ったときの温かさはそこにはなかった。

24日、25日の葬儀の為、23日に親戚が集まった。
久しぶりに会う従兄弟たち。十数年ぶりのもいて。
あんなに子供やったのに今じゃ大人。
自分も親戚の誰かにそう思われただろうか。
この日は気持ちよく晴れた日で。
祖父の死に対する悲しみとは裏腹に、談笑が続いて。

90歳の大往生。
抱えていた癌でも動脈瘤の破裂でもなく老衰。
動脈瘤はいつ破裂してもおかしくない状況だった。

「破裂して痛い思いしながら死なんくてよかった」

両親と話した。

「爺ちゃんが怒ったのを見たことがない」という話になった。
父も叔父も見たことがないそうだ。
兄がポツリ。

「俺、小学生の頃遅刻しそうになってばっかやったやろ、
いつも爺ちゃんのバイクで送ってもらってたら『いい加減にしとけやぁ』
って怒られた。」

みんなの知る限り一度しか怒らなかった爺ちゃん。
天国に行って当然やと思う。
だから冥福は祈らない。

ただ感謝の気持ちで一杯だ。

« 写真展 「片鱗」 - Home - ヘルメット »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。