Profile

kiyoshimachine

Author:kiyoshimachine

Archives
Comments
Categoly
Link

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展『或る日、若者』

Fri.26.12.2008 1 comments
000011.jpg

お知らせです。


写真展 『或る日、若者』

日時 2009年1月11日(日)~1月25日(日)
場所 FRAME* 兵庫県西宮市上大市1丁目10-10 *阪急電鉄今津線甲東園駅より徒歩3分。

---------------------------------------------------------------------

テーマを説明するのは難しいですが、簡潔に言うと

「悩みが無さそうな若者たち」

この"無さそうな"っていう点に重きをおきました。

悩みの無い若者、いや老若男女問わずそんな人なんていません。
みんな大なり小なり抱えてます。
絶対に。

だからと言って一人一人の苦悩に踏み込んで撮る、というようなことはしたくなくて。
あえて暗い部分から全力で目を背けて撮りました。

目を背けた先に何があるのか。

それは是非会場で感じてください。
色んな感想、お待ちしています。

---------------------------------------------------------------------

DMは以下の店舗に置かせて貰っています。
FRAME*
 
Acru 

camera people store 「monogram」
  
スポンサーサイト

ふさわしくない雨

Wed.24.12.2008 0 comments
081223.jpg


他の土地がどうなのかは知らないが、自分が住む街は季節の変わり目に必ず雨が降る。

桜の花を散らし
緑を濃くし
水田に水を与え
暑さを運び
強風をまとって街を襲い
葉を赤くし、そして散らせ
雷とともに霰に変わり
やがて雪となる
最後に雪を溶かしたら
また温かい春を運んで来る

そういう節目節目に降る雨を眺めるのが好きだ。

好きだけど、今の時期に降る冷たい雨だけは勘弁してほしい。
買物を済ませて車まで雨に濡れながら走るときの、泣きたくなるような焦りは休日に全くふさわしくない。
寝ている間だけ降ってくれればいいのに。

そうだ、祈ろう。
サンタさーん。
サタンさーん。
クラウザーさーん。

お・ね・が・い☆

記憶の砂

Tue.23.12.2008 0 comments
081222.jpg


頭の中で何度
砂時計を逆さにしたことだろう

浮かび上がる映像は
返す度、少しずつ変化

四隅が暗くなったり
スローモーションになったり
ホワイトアウトしたり
BGMが流れたり
ガラガラ崩れたり
またくっついたり

もう抱えたくない

かち割って
かち割って

上空一万メートルまで
吹き飛ばしたら

明日はちょっと違うかもしれない


--------------------------------
『記憶の砂』  清島 新  明迷書房 





赤と緑

Mon.22.12.2008 0 comments
081222

赤と緑の組み合わせってあまり好きじゃない。
赤いパンツに緑のTシャツで街なんて歩けない。

なのにクリスマスの前後だけは嫌悪感なく、むしろ好意的な目で見てしまう。
聖なる力のせいかなあ。

返事がない。ただの屍のヨーダ。

Thu.18.12.2008 0 comments
081218.jpg

昨日誕生日を迎えた友達に今朝メール打ったけど返事がこない。
こええ・・・・

続きを読む »

釜めしと意地

Thu.18.12.2008 0 comments
IMGP4394.jpg

自分の周りには12月生まれが多い。
兄も、こないだ他界した爺ちゃんも12月。
学生時代からの付き合いの友達も12月生まればかり。

何年か前に、「誕生日おめでとー♪」ってメールしたら
「あんた誰の誕生日と間違えとるん!!」
って即怒りの電話が。
良く考えたらそれは昔付き合っていた子の誕生日。
男同士なら笑い話になるとこなんだけど、そうはいかない。

しかし、そんな危機感なんて簡単に薄れてくもので。

3年前は誕生日に電話しながら自分の用件だけ話して切ってしまい、後日こっぴどく怒られました。
2年前はちゃんとメールしたのに、また日を間違えて怒られました。
去年、さすがに三度目はいくら友達とはいえ刺されると思い、下調べしたおかげでセーフ。

今年は三日前に会ったときに
「今年こそちゃんとメールするわい」って啖呵を切った。
ここまで来たらもう祝うとかそんなんじゃなくて、男の意地。

な の に。


仕事帰りに会社の同僚と飯食ってたらついメールするの忘れてしまって。
ていうか朝起きてすぐ思い出せよって話なんですが。
何釜めし撮ってんだ俺は。


もうこのまま来年まで忘れてしまおうかなあ。


まだまだ地雷だらけの12月。

スパイラル

Tue.16.12.2008 0 comments
spiral.jpg

考えていたのか、寝てたのか。
気がついたら時間だけが過ぎていた。

せーので飛び出せ

Sun.14.12.2008 0 comments
081214.jpg江ノ島電鉄


「朝、撮影に出て何も撮れなかったらどうしよう」

って思うとなかなか早起きしてカメラ持って外出できない。
撮れなかった時の落胆が一日中尾を引くような気がして。

でも、考えてみると朝は毎日やって来る訳で、一回ぐらい撮れなかろうが気にすることないじゃないかとも思ったり。

勢いで飛び出せばなんとかなるのかも。
ていうかなる。


寝る前、こたつで足を温めてる時も「あと3分したら」とか考えずに勢いで飛び出そう。
そしたらこたつで寝る回数も減るはずだ。

二眼マスターへの道

Fri.12.12.2008 2 comments
081212_20081212215637.jpg
Photo by amy

二眼レフで真下のものを撮影する難しさと来たら。
ただでさえ左右逆に見えるのに、こうなったらカメラをどう動かせばいいのかよく分かりませぬ。
でも頑張っちまうんです。
それが男。

このとき撮ったのがこれ
↓↓

続きを読む »

鬼が笑おうが何しようが。

Fri.12.12.2008 2 comments
081211.jpg
シャッターが切られた数秒前と数秒後のシーンや気持ちを想像したくなるような写真が好きだ。
来年はそういう時間の詰まった写真を撮る。

撮るったら撮る。

萌え萌え

Tue.09.12.2008 2 comments
081209.jpg
萌え Part1。

続きを読む »

タガメの味

Sun.07.12.2008 0 comments
081207.jpg

昨夜は忘年会。
朝、起きたら二日酔いだった。
二日酔いの薬を飲んだ。
内容量25ml。
中ジョッキ一杯の10分の1に満たない。

口に入れた。
不味いどころの話ではない。
くそ不味い。
でも、良薬口に苦し。信じるしかない。

人間はあまりに不味いものを口に入れると飲み込み方を忘れるらしい。
いつだったか、テレビ番組でリポーターが東南アジアの国でタガメを食ってた。
まずいまずいと言いながらも番組上吐き出すこともできず悶絶していた。
あの時のタガメはもしかしたらこんな味だったのだろうか。

永遠にも感じた25ml。
なんとか飲み干した。

信じた甲斐あってなんとか回復。
午後から外出した。

嬉しいことと寂しいことが両方同時にやってきた。
両方の気持ちが大きすぎる。
その時自分はどんな顔してたのだろう。

今日も飲みたい気分だ。

『泣くのはまだ早い』

Thu.04.12.2008 1 comments
081204.jpg

Photobackの新しいサービス、BUNKO

そのBUNKOにて制作した自分の本が東京、北海道、名古屋、大阪のイベント会場にて販売がスタートした訳ですが。

何分地方に住んでいる故に、会場に足を運ぶこともできなければ、自分の作品がどんな人にどんな表情で読まれているか見ることもできず、もやもやした気分。

落書き帳に使われていたらどうしようとか
足で踏まれてたらどうしようとか
押し花の重しにされてたらどうしようとか
暖を取るために燃やされていたらどうしようとか

まあ、基本的にプラス思考なのでそこまでは想像しないけど、読んでくれた人をガッカリさせてたら嫌やなあとそわそわしてます。

とにかく残したい。その一心で作りました。
写真だけ、文章だけで見ると拙い部分は多々あるかと思うけど、全てをぶつけたつもりです。
タイトルは、

『泣くのはまだ早い』  清島 新

うっかり読んでくれた人は率直な感想なんぞ聞かせてくれると僕よろこんぶ。



それにしても。
いくら頑張って頭から煙を噴き出しながら作ったとはいえ、自分の作品が販売され、誰かが買うってことに実感がなく。
なんやろう、この申し訳なさ。笑


今日から各イベント会場にて、来年1月12日(金)まで販売されています。
一冊1900円(だったかな?)と文庫サイズにしては高いと思う人もいるかもですが、この中にはBUNKO制作チケットが含まれているのでかなりお得となっています。
ちなみに普通にBUNKOを作ると一冊2500円~3000円ほど掛るので、この価格がいかにお得か分かるかなと。

いや、無理して買わなくても立ち読みって方法もあります(こんなこと書いたら怒られそう・・・)。
会場には自分以外に19冊の本が並んでいるのでなにかしら好きな本が見つかるかも。

ではでは、よい週末を。
あ、まだ金曜じゃなかった。


販売されているお店
↓↓↓

北海道
「cholon」
北海道札幌市中央区南1条西12丁目ASビル1階
TEL:011-210-0787

東京 
「DELFONICS渋谷」
東京都渋谷区宇田川町15-1 パルコパート1 B1F
TEL:03-3477-5949

Camera People Store&Library「monogram」
東京都目黒区鷹番2-19-13
TEL:03-3760-5852

名古屋
「SEANT」
名古屋市中区栄3丁目34-41
TEL:052-261-4453

大阪
「ANGERS RAVISSANT」
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスエント3F


ねじれ

Wed.03.12.2008 1 comments
081202.jpg

電気製品のコードが絡まるのと草花が絡まるのとは何かが違う気がする。


自分と似てる人
でも絶対違う人

方向は似てるのに
距離も近いのに
決して交差しない

ねじれの位置みたいな人。

最初の1枚

Tue.02.12.2008 0 comments
deep_green.jpg

このブログも気がついたら開設から一年以上経ってた。
早いなあ。
まだ2,3か月の気分。

不定期かつだらだらした日記でも意外とたくさんの人が見てくれていて。
ありがとうです。

先日友人のおかげでペンタ67を安く手に入れることができたので、昨日は雨の中厚着して傘持って撮影に出た。

新たに使うカメラの1枚目の写真っていつもすごく緊張する。
何撮るかすごく迷った。

結果、選んだのが↑の写真。
なんかこう緑の葉っぱや弦がごちゃごちゃしてるのが好きで。

好きなものにレンズを向けてシャッターを切る。
誰にも邪魔されずに。

至福の時ってこういうのかもって思った。



topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。